FC2ブログ
あなたは彼氏、彼女とのセックスに満足していますか? 大好きなあの人と、いつまでも仲良く暮らしていくための「飽きないセックス」を極めましょう!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログを始めた頃より、微々たるも知識が増えてきましたので、
以前投稿した『女性のイクは様々』を、より専門的に書き換えることにしました。
もくじ内のタイトルも、書き換えました)




ではオーガズムの説明に入りますが、
なるだけ分かりやすいように、図を書いてみました。
(ちなみに、「オーガズム」は「イク」と同じ意味です)


下記の図は、
何かの文献から持ってきたわけでもなく、僕が書いたものです。

性科学的調査報告やアンケート調査、経験から考察して、皆さんに分かりやすいようにと図にしてみた感じです。



横軸が時間の流れ、

縦軸が快感の度合いで、上に行くほど快感は高まります。

そして快感が高まり、感覚が閾値(赤いライン)を超えることが『オーガズムに達する(イク)』ということになります。


そして、
人は「快」を感じると、『報酬系』という回路が活性化し、快感物質であるドーパミンが放出されます。
(ドーパミンや報酬系に関しては色んな意見がありますが、ここでは議論しません!)


簡単に言えば、このドーパミン放出量が多いほど、快感が強くなり、
縦軸が上に行くほど、大量のドーパミン放出が生じているということです。



では、それらを踏まえた上で、
クリトリスオーガズム(クリトリスでイクこと)を見ていきながら詳しく説明していきます。
   ↓図(A)
1


(1)愛撫により快感が高まり、徐々に上昇していきます。

(2)そしてその感覚が"引き上げライン"(青いライン)まで達すると、一気に快感は引き上げられます。
女性が「もうイッちゃう」とか「イキそう」とか言うのは、
大体この"引き上げライン"を超えたあたりになります。

(3)閾値まで達し、数秒間快感が持続します。
これがオーガズムです。

(4)その後、クリトリス刺激による「快感度」は低下します。(「敏感さ」は低下しない)



こんな感じです。



"引き上げライン"というのは、
女性の状態により変化するもので、
これが高いか?低いか?で「イキやすさ」が変わってきます。


例えば、
足をピンと伸ばし、全身にグーッと力を入れたりすると、この"引き上げライン"を低くすることができ、
結果、少ない刺激でも閾値へと引き上げることができるので、イキ易くなります。

例えば↓図(B)
2



どんな姿勢がイキ易いかは、若干個人差がありますが、
自分のイキ易い姿勢、力の入れ方を知っている女性は、この"引き上げライン"をコントロールできるわけですね。


逆に、
股関節、膝を曲げ、さらに全身脱力状態では、
"引き上げライン"は上昇するので、かなりの快感刺激を与えても、なかなかイケなくなります。

こんな感じで↓図(C)
3

「すんごい気持ちよくてイキそうだったのに、姿勢を変えたら快感が遠のいた」
なんてことを経験したことがある方は多いかと思いますが、
それもこの"引き上げライン"の昇降によるものというわけです。


"引き上げライン"は、そういった、
女性の姿勢、力の入れ方や、オーガズムの経験により、大きく上下すると考えて下さい。




そして、オーガズムに達した後は、
10秒~数分程(個人差が大きい)一気に快感が冷め、「敏感さ」だけが残り、オーガズムからの連続した刺激は不快にさえ感じます。※図(A)の(4)

ちなみに、図(A)の快感曲線は、あくまでクリトリス刺激による快感度ですので、
オーガズム後は一気に急降下しているわけです。
(クリトリス刺激以外の『報酬系』による快感もあり、それはまた後で説明します)



ざっと、こんな感じです。



ではこの一連の流れを頭に入れた上で、さらに詳しく見ていきましょう。



まず、
オーガズム時のドーパミン大量分泌は、閾値を超えた後に刺激を続けることで生じるものです。


なので、
閾値を超えてすぐに刺激を止めると、
オーガズムに達したとは言え、ドーパミン分泌は少量に留まり、オーガズム後のクリトリスの"敏感さ"だけが生じます。

→下図(D)の(1)

4


これはもう快感も薄いし、なんとも後味の悪い感じになりますので、

女性が「イク~!」と言ったら、
愛撫を少なくとも8秒くらいは続けましょう。



これは大体の目安ですが、

まず、「イク~!」と言ってから3秒くらいは同じ強さの刺激を続け、
その後5秒くらいかけて徐々にゆっくりにしていき、
さらに3秒くらいは、触れたまま動きを止めて、その後離す感じです。

そうすることで、
クリトリス自体の快感度は下がっても、別の『報酬系』によるドーパミン放出が残存するため、
全体としての快感度はある程度保たれるんです。

→上図(D)の(2)


この図(D)の、(1)と(2)では、
満足度が大きく大きく違ってきます。


すぐに動きを止めても、イキきれない不満が残りますし、

逆に刺激を続け過ぎても、クリトリス刺激に対しては「快感」は無くなり、「敏感さ」だけが残るので、
快感から一気に不快感に変わってしまいます。


セックスが巧い人は、
このイカせた後の刺激の仕方も絶妙で、
オーガズム後に心地よい余韻を与えることができるわけですね。




それから、快感の強さについてですが、

閾値を超えてからの最終的な快感の強さは、

「オーガズム前の安定した快感」「オーガズム時の快感」

になります。



その理由は、
通常の『報酬系』快感によるドーパミン分泌と、
オーガズム時のドーパミン大量分泌では、その回路が若干違っているところにあります。


なのでオーガズムに達すると、
通常の快感に上乗せする形で、オーガズム時のドーパミン放出が生じるのです。



図で見ると、「安定した快感」とは、
"縦軸のある一定の高さで横に平行移動しているところ"を指します。

つまり、"引き上げライン"ギリギリのところ。
(図(A)だと、(2)のあたりです)

その安定した快感に上乗せするかたちで、オーガズム時の快感がプラスされるわけです。

図(A)で言うなれば、
(2)+(3)が、トータルの快感ということ。



ちなみに、"引き上げライン"を超えると、すぐに閾値まで達してしまうことが多いので、
"引き上げライン"より上で安定した快感を得るのは難しいです。

その為、トータルの快感は、"引き上げライン"ギリギリの快感が大きく関わってくるわけです。




ここまで、何となく理解でしたでしょうか?




1)引き上げラインを超えれば、ほぼ同じ刺激でオーガズムまで達することができる。

2)快感の強さは、「オーガズム前の安定した快感」と「オーガズム時の快感」の総和である。





とりあえずこれだけ頭に入れて下さい。




そしてここからは、
熟練者の快感度の強いクリトリスオーガズムについて説明します。


最初に男性が熟練者の場合ですが、
これは、僕がよくやる愛撫の方法です。

5



(1)まず、愛撫をして、"引き上げライン"まで快感を高めます。

(2)さらに愛撫を強くし、快感を高めます。
すると、"引き上げライン"を超えるので「イッちゃう!」となります。

でもそこで、

(3)「もうイッちゃうの?まだイカせないよ」とか言って微妙に刺激を弱め、
"引き上げライン"より上、閾値より下になるよう、愛撫をコントロールします。

(4)で、さらに閾値の際(きわ)を攻める感じで刺激を調節し、
「もうホントにイッちゃう!」となったところで、

(5)「まだダメ、力抜いて」と言って脱力させ、"引き上げライン"を上昇させます。

で、"引き上げライン"を上昇させると、同じ刺激ではすぐに快感が冷めてしまうので、

(6)ちゃんと脱力できたところで(気持ちいいと、うまく脱力できない子もいる)愛撫を強くし、
"引き上げライン"ギリギリで快感を安定させ、
「あ~スゴイ!…もうダメ~、力抜いてるのにイッちゃう~!」となったところでイカせます。

※実際は、もっと時間(横軸)を長くして愛撫していくのですが、図にする都合上短くしています。



こうすると、
「オーガズム前の安定した快感(6)」が普通にイカせる時より高くなるので、
トータルの快感が大きくなるわけです。



それから、女性が熟練者の場合は、
男性の愛撫刺激に合わせて"引き上げライン"をコントロールすることで、
「オーガズム前の安定した快感」をなるだけ高くしていくわけです。



つまり、
男性の刺激が弱すぎるなら、"引き上げライン"を下げて快感度を高めるように引き上げ、

すぐにイッてしまいそうなら、"引き上げライン"を上げて快感度を高い位置で安定させるようにしてからイク。みたいな感じです。


まあ、女性の場合は、何度でもイケるので、
あっさりイッて、またイッて、ということもできますが、

一回のオーガズムで大きな快感を得るには、
上記のように"引き上げライン"をコントロールすることで調節するわけです。



ちなみに、まだカップルの2人とも経験が浅く、
女性の"引き上げライン"は上にあるし、男性の刺激の仕方も巧くない、というのであれば、
図(C)のようになかなかイケなくなるのも頷けると思います。




どうでしょう?

オーガズムについて、少し理解できたでしょうか?



ここまで、
主に"引き上げライン"について語ってきましたが、
快感度を左右する要素は、もちろんそれだけではありません。



僕は、あと二つあると考えています。



一つは「経験」、

そして何より大切なもの、それは「感情」です。



それらについてはまた来週投稿します(たぶん)



次の記事へ→オーガズムってどんな感じ?~経験との関係~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2


おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
エッチな告白体験談ブログ
エッチ
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/22(木) 08:33 | | #[ 編集]
10/22 08:33の方へ
コメントありがとうございます。


詳しくアドバイスしたいところですが、
今までの経緯や、オナニーやセックスの詳しいやり方などをお聞きした上でお答えしたいので、

akinainaoki@yahoo.co.jp

にメールを頂けないでしょうか?
(このコメントの名前のところ(なおき)をクリックしてもメールできます)

何かに勧誘したり、お金を請求したり、迷惑メール送ったりはしませんから(笑)

メールお待ちしています!
2009/10/22(木) 13:37 | URL | なおき #-[ 編集]
No title
はじめまして!酒井と言います。
いつも勉強させていただいてます。
ありがとうございます。

クリトリスオーガズムの図が
高校のときに勉強した化学の反応図に似ていておもしろいなーっと思いコメントしました(^^)

足を伸ばすことは化学で言うと触媒(活性化エネルギーを下げる)のような働きしてますね笑 
2009/10/22(木) 14:13 | URL | 酒井 #JalddpaA[ 編集]
お久し振りです
更新待ってました(^ω^)


頭が悪いもので、
理解に少し苦しみましたが
だいたい理解できました(きっと←)


あの、快感がなくなる(でしたっけ?;;)
には納得しました。

多々あります。

いきなりうつ伏せから
仰向けにさせられた時とか…

「いやいや、それはないやろぉ」
って思う時が


なんでそうなるか
納得しました、はい
(・∀・)


最近は、ほぼ同時にとか
一緒にイケる時が増えてきたので
なんだか嬉しくなってきてます
(*´ω`*)

前までは
僕の方が、イクの先だったんですが…



あと、避妊のことは
ぼそっと、遠回しに言ったところ
自らなにも言わずに
ゴムを着けてくれるようになりました
(´Д`)b

それとか、
「ゴムは?」って聞いてくれたり


よかったですwww



徐々にですが
安心感と快感と
両方味わえるセックスが出来てきてると思います。


まぁ、いつも通りに
のほほんと
2人でマイペースにやっていきます


次の更新も
楽しみに待ってますね
(・∀・)

2009/10/22(木) 15:51 | URL | 雪斗. #-[ 編集]
酒井さんへ
はじめまして!酒井さん。

コメントありがとうございます。

確かに化学反応図に似てますよね(笑)

一番参考にしてるのは、生理学の「活動電位」なんです。
なんか、似てるんですよね。

脱分極、閾値の上下とか、不応期とか。


結局は、生体内化学反応なので、あんな感じなんだと思います。

面白いですよね!
(・∀・)
2009/10/23(金) 08:29 | URL | なおき #-[ 編集]
雪斗.さんへ
理解し難いのは、僕の説明が下手くそなだけです。
(・∀・)

長すぎ!ですよね。

賢い人の説明は、
「コンパクトで分かりやすい」
だそうですから、僕も賢い人になれるよう出来るだけ頑張ります(笑)



一緒にイケるのも、ゴムのこともよかったですね!

これからも、のほほんとセックスの高みを目指して下さい
(・∀・)
2009/10/23(金) 08:51 | URL | なおき #-[ 編集]
No title
なおきさん はじめまして。

いつも有難うございます。
ちょっと前から通っているのですが,
コメントするのは初めてです。

ずーっと気になってる質問なんですが、
エクスタシー と オーガズム ってどう違うんですか?

このブログの目次にも
手だけでいかせエクスタシーと同オーガズムって
二種類分けてありますよね?

イクには2種類あるってことだとは思うんですが・・・
両方とも多分経験したことがないのでよくわかりません

おしえてくださーい。
2009/10/26(月) 08:22 | URL | ゆかぽん #Nfyoa2xY[ 編集]
ゆかぽんさんへ
コメントありがとうございます!

まず、一般的に、「エクスタシー」とは感覚的絶頂とか、単に快感を言ったりします。

そして、「オーガズム」は、快感の高まりにより「イッた」とされる時のことを言います。たぶん。

そして僕は、
ブログを始めた当初は、「クリトリスオーガズム」を「エクスタシー」と表し、
「膣オーガズム」を「オーガズム」と表していたんです。

男性のペニスと全く同じ発生をみるクリトリスによる皮膚感覚的オーガズムと、
内蔵感覚的な膣オーガズムを区別していたわけです。
(感覚の伝わり方などを区別の対象としていた)


そんな感じで、「エクスタシー」と「オーガズム」は、このブログ上で、
僕が勝手に定義して決めた言葉だったんです。

で、過去記事にその定義を書いていたのですが、
この度、オーガズムについてより詳しく書き換える際に、

『その定義の仕方より、単に「クリトリスオーガズム」「膣オーガズム」と表記した方が分かりやすいなー』

と考え、このブログ上での表現の仕方が途中で変えてしまったんです。
(脳内の反応の観点から、そこは区別すべきでないと判断しました)

そのため、
その辺の表記が過去記事と現在記事でまとまりの無いブログと化しています(汗)

分かりにくくてすみませんでした。


できるだけ早く自分の中で整理して、ブログも統一していき、変更修正作業が終わり次第、
記事中でもお詫びとお知らせとして、変更点を投稿するつもりです。


とりあえず、手だけでイカせるエクスタシーとは、
手だけでイカせるクリトリスオーガズムということです!
2009/10/26(月) 22:37 | URL | なおき #-[ 編集]
わかりやすい!
コントロール、してますしてます(笑)
敢えて一度軽くイッてラインを引き上げる・・・
なんてテクニックもありますね。
面白いです~^^
2009/11/27(金) 07:01 | URL | りほ #bhhZubZs[ 編集]
りほさんへ
ありがとうございます。


「イクってどんな感じですか?」
という質問も、結構多いので、
前々から
"詳しく、分かりやすく説明できないかなぁー"
なんて考えていたんです。
(何度も何度も書き直して…。笑)


イッたことが無い人にも伝わればと思います。
(・∀・)
2009/11/27(金) 20:06 | URL | なおき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mattakuakinai.blog107.fc2.com/tb.php/81-fde43e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。