FC2ブログ
あなたは彼氏、彼女とのセックスに満足していますか? 大好きなあの人と、いつまでも仲良く暮らしていくための「飽きないセックス」を極めましょう!

2011/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手だけでイカせる「膣イキ」~予め知っておくべきことの続きです。


僕は、裸で仰向けになっているサキ(うちの奥さん。仮名)に目隠しをした。

「両手をお尻の下に入れて。絶対に手を出しちゃだめだからね」

手は縛らずに、あえて"自分で"お尻の下に入れさせた。これは、少しずつMに目覚めてきているサキを興奮させるため。

ゆっくり時間をかけてキスをしたあと、指をサキの唇にあてると、フェラをするように指を舐めてくる。

「よーく舐めて、唾液をたっぷりつけてね。そのまま触ってあげるから」

そう言うと、サキは僕の指を舐めながら吐息をもらす。
ゆっくりサキの口の中から指を出し、僕は無言でサキ見つめる。

はやく触って…と言わんばかり。本当は触ってあげない。僕はセックスでは嘘を付く(笑)

優しく陰毛に触れると、それだけで喘ぎ声をもらす。僕はまだ皮膚に触れてもいないのに。

右手で陰毛に触れながら、左手の爪先で太ももから股間までなで上げる。陰部に近づくにつれ、さらにゆっくりと、優しくなで上げる。
サキの期待が伝わってくるよう。でも僕は意地悪をするのが大好きだから、もちろんまだ肝心なところには触れない。

今度は、左手の人差し指と中指でピースをするようにして、膣口の両側にあて、やさしく圧迫する。右手はクリトリス付近の陰毛に触れたまま。

「…あ、あぁ…」

サキはもどかしそうに身悶えしている。

もう僕が我慢できなくなってきたので、両手をサキの両太ももの下にいれ、足をかかえた。この体勢は、「これからクンニをする」ということだと、サキは知っている。

いつもは、周りからじわじわ攻めるが、今日は違う。舌をすぼめて、いきなり膣口に入れた。
ゆっくり、ぐ~~~っと顔を陰部に押し付けるように舌を入れる。

「ぅああ!あ~ん~!」

喘ぎ声が出る。ゆっくり舌を抜き、愛液を舌で絡めとると、そのまま舌でクリトリスに愛液をなすりつける。

サキはそのまま舐めて欲しいようだが、すぐに舌を離し、また膣口へ舌を入れる。
今度は鼻でクリトリスを刺激しながら、じゅるじゅる音をたてて。

膣口を舐めながら、鼻でイカせることもたまにあるので、次第に喘ぎ声は大きくなり「あ~イキそう!」と息をあらげている。

でも、まだイカせない。今日は膣でイッてもらいたいから。

「もうイッちゃうぅぅ」となったところで、僕は鼻でクリトリスを刺激するのをやめ、中指を膣内に挿入した。

サキは感じながらも、もどかしそうにしている。

イキそうだった感覚はもう遠くへ行ってしまったようだ。それをまた引き戻すように、僕は膣内を指で刺激しながらクリトリスに吸い付く。

「あぁぁぁ!ほんとに、…ん!イッちゃうぅぅ…」

そこで僕はまたクリトリスの愛撫を緩め、中指による膣内刺激だけ続ける。

「はぁ…はぁ、ん~、もうイキそう…」

「まだダメだよ。あと8分我慢してね。タイマーより前にイッちゃったら、あの約束だからね」

実は、プレイに入る前に、タイマーが鳴るようにセットしてあった。そして、"あの約束"というのは、サキにとって都合の悪いもの。つまり、あと8分イクのを我慢しないと、サキには大きなお仕置きが待っている。

その後も、中指で膣内を刺激し続け、何度もクリトリス刺激でイキそうになっては、クリ刺激を緩める、というプレイを繰り返した。

もう愛液で布団はびっしょり。喘ぎ声も大きくなってきている。イキたいけど、今イッてしまうのはまずい、その葛藤が僕にも伝わってくる。


目隠しをしているから、サキにはあと何分かは正確に分からない。
そこで僕は、「あと30秒だよ。もうちょっとだよ」と言いながら、右手で膣内を圧迫して揉みながら、左手でクリトリスの刺激を強くしていく。

「ほら、あと15秒、もうイッちゃえば、はは(笑)」

サキはもうほんとに我慢できない!といったぎりぎりの感じで、喘ぎ声も出さずに歯を食いしばって耐えている。

「ほ~ら、5、4、3、2、1…」

そこまでカウントすると、「…うん~!ん~!ぁぁぁあああぁぁ!」と大きな喘ぎ声を出し、もう何もしなくてもイッてしまいそうだった。

そしてカウント「0」と思いきや、実はあと30秒あったのだ。そう、僕はセックスではよく嘘を付く(笑)

アラームが鳴らないので、サキは「あれ?!」といった感じ。

「あ、ごめん、あと30秒あった。頑張って(笑)」

そんなこと言っても、もう一線を超えているサキは、「もうダメ~~~!イク~~~ぅぅぅ~!」と大きな声を出す。
そこで僕は、クリトリスの刺激をやめ(軽く触れてはいる)、右手で膣内をぐちゅぐちゅと音をたてて揉んだ。

「あぁぁぁぁ、うぁっぁああ~!」大きな喘ぎ声とともに、サキは、イッた。

喘ぎ声が途切れぬうちに、ピピピピッ!とアラームが鳴った。

「あ~あ、あと数秒だったのに、我慢できなかったの?(笑)」

「はぁ、はぁ、はぁ…」よほど気持ちよかったのか、まだしゃべれないようだ…



おわり。



これは結婚前の話です。懐かしい。

タイマーを使って「アラームが鳴るまで我慢しないと、後でお仕置き」というプレイを初めてした時のことなので、とってもよく覚えているのです。とても興奮したし。

ちなみに、「僕が嘘をついたから」という理由で、お仕置きはナシになりました(笑)

まあ、それはいいとして、ポイントはわかったでしょうか。
膣内を刺激しつつも、クリトリスとの同時刺激で快感を高め、イク時には膣刺激のみでイケるように導くのです。

このプレイをした時は、まだ膣イキは数回目ってくらいで、それまでの膣イキは「イクにはイッたけど、クリイキの方が全然気持ちいい」といった感じでした。

まだ、簡単には膣イキできない感じで。

(イクときの快感の度合いについては、こちらを読んで下さい。)

しかし、このタイマープレイ(笑)が効いたようで、興奮も高まり、かなり気持ちよく膣イキができたようです。



膣は本来、そうそう感度がよい場所ではないです。そして快感も感じにくい。
なのでやはり、クリトリスとの同時刺激で条件付けする必要があるのです。

膣イキする順序としては、

1、膣内刺激をしながらもクリトリスも同時刺激しつつ、クリトリスがメインの刺激でクリでイク
2、膣内刺激をしながらもクリトリスも同時刺激しつつ、イキそうになったらクリトリス刺激を緩めてクリでイク
3、膣内刺激をしながらもクリトリスも同時刺激しつつ、イキそうになったらクリトリス刺激を止めて(触れたまま)膣でイク
4、膣内刺激をしながらもクリトリスも同時刺激しつつ、イキそうになったらクリトリス刺激を止めて(離して)膣でイク
5、膣内刺激だけでもイク

という感じです。



次回は、もう少し詳しい攻めるポイントを説明します。


次の記事へ→手だけでイカせる「膣イキ」~具体的な開発手順は?

他の記事へ→もくじ


おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
『みそじ夫婦 夜を営む』


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2


↓更新情報や日常をつぶやきます。気軽に声をかけてくれたら嬉しいです。


「膣イキ」についてですが、まずは注意から。

この『手だけでイカせる「膣イキ」』の一連の記事内容は、クリイキができる女性であり、かつ、膣内の刺激にある程度慣れた女性でない限り行わないで下さい。

まだあまり開発されておらず、経験の浅い女性に用いると、かえって痛みを与えてしまい、よけいに開発を遅らせてしまいます。

そういう経験の浅い女性の方へのプレイは、もくじにある『女性もオナニーをしよう!』シリーズを参考にして下さい。
そこでは女性自身がオナニーによって開発していく手順が説明してあるのですが、その内容のように男性が愛撫してあげれば、開発を促すことができますから。

また、この記事より先に、手だけでイカせる「クリイキ」を読んで下さい。重複するような内容は、すべてそちらで詳細が書いてありますので。


そしてこの『膣イキ』をするにあたって知っておくべきことは、
ちょっとクリイキができるからって、そうそう簡単に膣イキできるようにはならない!ってことです。

これはきっぱり宣言しておきます。

うちの奥さんも、膣イキできるようなになるまで、半年~1年くらいかかったと思います。うろおぼえですけど。

「それはお前のテクニックがないだけだろ」と言う人もいるでしょうが、そんな意見には憤慨する気すら起こりません。(ちなみに潮吹きはすぐにできる。なぜならイカせるわけじゃないから!)

イケない女性、イカせられない男性はたくさんいると思いますが、まず僕が言いたいのは焦んないでということです。


下記は、科学的調査に基づき、相関関係が認められたものです。
※世界各国(主に先進国)での大規模アンケート調査をメタ分析したもの

・ストレスが多いほど、オーガズムに達しにくくなる。
・男性のストレスが多くなるほど、男性の愛撫時間が短くなる。
・ストレスが多くなるほど、女性はセックスにおいて嘘をつくようになる(イッたふりをする)。
・夫婦仲が悪くなると、女性はオーガズムに達しにくくなる。
・セックスに不満を抱えている人ほど、オーガズムに達しにくい。

・社会的ストレスが解消されると、オーガズムに達しやすくなる。
・夫婦間のストレスが減少すると、オーガズムに達しやすくなる。
・夫婦仲がよくなるほど、女性はセックスにおいて本音を語るようになる(イッたふりをしなくなる)。
・夫婦仲がよくなるほど、セックスの頻度もオーガズムに達する頻度も上がる。


つまり、ストレス過多だったり、うつっぽかったり、お互いに悩みや不満があればあるほど、女性はイキにくくなるということ。
そして、お互いの気持ちが満ち足りていると、イキやすくなり、子どもができやすくなることも研究で示されているんです。

ということは、「まだイケない…」「まだイカせられない…」という不満やストレスにより、さらにイキにくくなって開発が遅れ、
またさらに「私はイケないんだ…」「僕はイカせられないんだ…」と落ち込んで、そのせいで余計イキにくくなる…、なんて悪循環に陥ってしまいます。


イケなくても焦らずに、気持ちのイイ触れ合いを楽しむ


「イケない」「イカせられない」と悩んでいる人は、これをしっかりと頭に叩き込んで下さい。



前置きが長いとの声が聞こえてきそうですが、この「膣イキ」は本当に難しく、開発にある程度の期間がかかるので、
「なんだ、ダメじゃん…」と早々に落ち込んでしまうカップルが出てきてしまう気がするんです。

しつこいですが、もう一度言います。

「膣イキ」はそんなに簡単なものではありません。数か月、いや、状況によっては数年かかるかもしれません。

「なおきの言う通りにやってんのに全然ダメじゃん!」と文句を言うようでは、その苛立ちによるストレスで、余計ダメになりますのでご注意下さい。
(・∀・)


では、次回(来週)は、愛撫の仕方を説明するとともに、僕が奥さんに対し開発を行った手順を説明していきます。リアルに。




次の記事へ→手だけでイカせる「膣イキ」~膣イキできるまで~

他の記事へ→もくじ


おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
40代夫婦の性生活
面白おかしく書かれている中に、知恵と知識がつまってます。EDの方には特におすすめ。


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2


↓更新情報や日常をつぶやきます。気軽に声をかけてくれたら嬉しいです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。