FC2ブログ
あなたは彼氏、彼女とのセックスに満足していますか? 大好きなあの人と、いつまでも仲良く暮らしていくための「飽きないセックス」を極めましょう!

2009/051234567891011121314151617181920212223242526272829302009/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
潮吹きって何なのでしょう?



そのメカニズムは?



色々と言われてはいますが、イマイチ医学的な議論はなされていないように感じます。


そこで、
推測だけではない、医学的所見から潮吹きを分析してみたいと思います。

※出来る限り事実を元に分析していきますが、
 憶測の域を脱しない点もあります。
 「◯◯です」は事実、
 「◯◯だと思います。◯◯だと考えられます」などは憶測と捉えて下さい。



結論から言いますと、僕は、尿だと考えています。



そこでまず今回は、
「尿の生成から排尿まで」について生理学的に説明していくことにしました。



ハッキリ言って、読むのメンドクサイと思います。



心して読んで下さい。



ではまず、
尿がどのようにして作られ、排尿(おしっこを出すこと)に至るのか、大まかな概要から説明していきます。



1、腎臓で血液から尿が生成される

2、腎臓で作られた尿は、尿管(「尿道」とは別物。腎臓と膀胱を繋ぐ管)を通り、膀胱へ溜まる

3、膀胱内の尿がたくさん溜まると、尿意(おしっこがしたくなる感覚)を感じ、尿道から排尿する



ざっと、こんな感じです。



ではもっと詳しく見ていきましょう。




まずは腎臓内の話から。

腎臓には常に大量の血液が入り込み、その血液がフィルターのような組織により濾過されます。
(赤血球なんかはフィルターを通らないので、この時点で透明の液体になる)

その濾液は、大部分が腎臓内で再び血液中に吸収されるのですが、

この再吸収率は、「血液の成分」で大きく変化します。



最大のポイントは、血液中の水分濃度です。



この血液中の水分濃度により、脳の視床下部という場所から『抗利尿ホルモン』が分泌され、尿量を調節しているんです。

抗利尿ホルモンは、
その名前の通り、利尿を抗する(尿の大量生成をさまたげる)ホルモンです。


このホルモンには、水分の再吸収を促進させる効果があるので、

いっぱい再吸収させたい時は、たくさん分泌されて尿量は減り、

あまり再吸収させたくない時は、あまり分泌されなくなり、尿量は増えます。



例えば、

水分をたくさん摂取し、血液中の水分が多いと、
抗利尿ホルモンはあまり分泌されず、
濾液から血液中への水分の再吸収をさせないようにし、
尿量は増え、色も匂いも薄いおしっこになります。


逆に、
脱水状態の時のように、血液中の水分濃度が低いと、
抗利尿ホルモンがたくさん分泌され、
水分の多くが再吸収されるため、
尿量は減り、色も匂いも濃いおしっこになります。



ちなみに、成人の一日の尿量は約1~1.5リットルですが、
抗利尿ホルモンが全く分泌されないと、
尿量は10倍以上になり、15リットルを超えます。




このように、
水分を過剰摂取したら、水分をたくさん排泄するようになり、

脱水状態の時は、できるだけ水分を体外に出さないようになるんです。

尿はそんな感じで、身体の状態によって、
濃さも、成分も、PHも、大幅に変化させ、
体内を一定に(健康に)保とうとしているんです。




うまくできてますね。




ここまでが「尿の生成」についてです。

次は「排尿」について見ていきます。

長いですけど、もうちょっと頑張って下さい(・∀・)



そんな感じで、
腎臓内で血液が濾過&再吸収されて作られた尿は、
尿管を通り、膀胱に少しずつ溜まっていきます。


腎臓には、一日中休みなく血液が流入しますので、
尿は休みなく生成され、
少しずつですが、常に膀胱へ注がれているんです。




そして、個人差はありますが、
膀胱に約200mlくらい溜まると尿意を感じ始めます。


この「尿意」というのは、
膀胱壁が引き伸ばされ、膀胱の内圧が高まることで感じる感覚です。



そして、トイレなんかで「おしっこをしよう」と考えると、

その意志がきっかけとなり、膀胱は不随意的に収縮して尿を押し出し、
膀胱から尿道へ尿が漏れないようにキュッと締まっていた内尿道括約筋(不随意筋)がゆるみ、
随意筋である外尿道括約筋もゆるみ、排尿するんです。
(随意筋、不随意筋については、締まりについて(2)を参照して下さい)



そしてこの一連の、

腎臓(腎杯)→尿管→膀胱→尿道→外へ

という尿が通る道のりを「尿路」といいます。

尿路を内張りしている内膜は、水や溶質に対して不透過性(全く通さない)なので、
尿が尿路外へ漏れたり、
分泌物などが、外から尿路へ侵入することはあり得ません。





ここまでを簡単にまとめると、



1、腎臓で、血液が濾過&再吸収され、尿が生成される

2、抗利尿ホルモンがたくさん分泌されると尿量が減り、
 抗利尿ホルモンが減ると尿量が増える

3、腎臓で作られた尿は尿管を通り、
 絶えず膀胱に注がれている

4、膀胱内に尿が溜まって、
 膀胱が膨らみ、内圧が高まると尿意を感じる

5、不随意筋である膀胱が収縮し、
 内尿道括約筋はゆるみ、排尿される

6、尿管、膀胱、尿道などの尿路は不透過性である




とりあえず、この6つだけは抑えといて下さい。



でさらに、
自律神経と尿の関係について説明したいとこですが、
さすがに長過ぎるので、今日はこの辺で止めときます。


次回は、
エッチやオナニーをしてる最中や後に、おしっこがしたくなる理由も説明していきます。


おしっこしたくなりません(笑)?



次の記事へ→『潮吹きのメカニズム~自律神経と強制排尿~』

他の記事へ→もくじ


おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
『旦那には内緒!人妻さとみの秘密の告白』
旦那には


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
僕は以前、『Gスポットは存在しない!?』という記事を書きました。

で、先日、
「Gスポットは科学的に解明されたらしいですよ」
「なおきさんの、Gスポットは存在しないという理論は危ういのでは?」

と、メールを頂きました。

詳細をお尋ねしたら、日本での記事、海外での記事を教えて下さりました。


ご親切にありがとうございます(・∀・)


内容によっては、『Gスポットは存在しない!?』の記事を大幅修正しなきゃダメかなーって思っていたのですが、
とりあえず大丈夫そうです。



以下、
詳細と、僕の意見を書きます。



まず、発表された研究調査は、どんなものかと言いますと、

1、Gスポット部に快感を感じ、オーガズムに達することができる女性は、
 そうでない女性に比べ、Gスポット部に厚みがある。

2、Gスポット部に快感を感じ、オーガズムに達することができる女性は、
 そうでない女性に比べ、Gスポット部に幾分か多くの知覚神経が見られる。



この二点です。



そして、
Gスポットのある女性はオーガズムに達するが、
Gスポットの無い女性はオーガズムに達しない
と結論していました。



なるほどー。



でも、
この調査自体は、僕の理論を否定するものではありません。



僕には「それは当たり前」としか思えないんです。



例えば、
陸上競技100mの選手と、運動不足の人の骨密度・筋力を計測したとして、

「陸上選手は、運動不足の人に比べ、下肢(足)の筋力が強く、骨密度も高いことが判明した」
よって、
「骨密度・筋力が高い人は運動能力が高く、骨密度・筋力が低い人は運動能力が低い」

そう結論づけたとしたら、
それは、当たり前のことです。


そして、運動不足の人でも、鍛えれば骨密度も筋力もアップします。


それと同じように、
僕は、Gスポット部分を刺激し続け、開発していけば、
元々、膣内の厚みも、知覚神経も見られない女性でも、同様の変化が見られると考えています。


もし僕が研究者なら、こんな調査をしたいです。


「Gスポット部分の厚みも、知覚神経も見られない」
とされた女性を、性感開発しながら、数年間経過観察していく追跡調査。とか。


きっと、開発されるにつれ、膣内に変化が見られると思います。



Gスポットが開発されているということは、
Gスポット部をたくさん刺激しているということ。

機械的刺激がたくさん加わる場所に厚みが出るのは、生理学的にごく自然のことですし、

快感を感じる場所ですから、知覚神経が発達してくるのも当たり前です。

(痛みを与え続けると、逆に知覚神経は退行していきます。例→キックボクシング選手のスネ)



人体は、環境(外からのあらゆる刺激)に適応するべく、生理的にカラダを変化させることができるんです。



人体ってスバらしい。



僕の意見は立証されている訳ではありませんが、

「私にはGスポットが無いから、オーガズムを感じることは一生無いんだ…」

と嘆くあなた、

まだそう決めつけるには早いと思いますよ(・∀・)!




以上、僕のGスポット概念でした。

次の潮吹きの記事は、殆ど出来ていたのですが、
潮吹き連載が始まる前に、これを書いておきたくて先に投稿しちゃいました。
(この記事は『Gスポットは存在しない!?』に、追記として載せました)



潮吹き記事の第一弾は、今度の日曜日に投稿する予定です。


長らくお待たせしました。


「潮吹きの記事」というより「生理学の授業」のようになってしまいましたが、
興味のある方、マニアックな知識をお求めの方は読んでみて下さい。


では日曜日。


トップへ

おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
『ヒデとユカ赤裸々夫婦性活日記』
ヒデ

ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
この掲示板には、
記事に関係なくても、何でも書き込んでもらってかまいません。

読者さん同士のやりとりもアリだと思います。

そして、よろしければ、
色んな方々から意見を伺いたいような内容の場合には、ぜひ協力してコメントを書いて欲しいです。


僕も書き込みます。


また、僕に聞きたい場合は、
「なおきに答えて欲しい」
と添えて頂けると分かりやすくていいです(・∀・)


尚、この掲示板は、スパム対策がなされており、禁止ワードが設定されているようです。

ちなみに昨日は「オナニー」を「オ◯ニー」にしないと、投稿できませんでした。

さらに、
この禁止ワードはなんと、ちょくちょく変更するらしく、何が禁止ワードなのか特定もできない状況です。

もし「禁止ワードを含むため投稿できません」みたいなメッセージがでましたら、
そうであろうワードの中程を◯で記入するなどしてみて下さい。


ご不便、申し訳ありません。


では、読みに、そして書き込みに行ってみて下さい。
   ↓   ↓   ↓
『飽きないセックスなんでも掲示板』




ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2

トップへ


おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
『男と女のエッチの秘密』
このサイト様、Q&A方式ってところが読みやすいしオモシロいです。
なんと、
アクセス数が200万を突破しました。


すごーい。


見て下さった方々、ありがとうございます。


ここ一週間は、
一日7000アクセスを超えてるんですけど(カウンターにマウスを合わせると一週間分表示されます)、
なんだか信じられない感じです。


訪問してくれた方々に、
一度でもいいので、「見たよ」ってだけでもいいので、足跡(コメント)を残してもらいたいです。


「コメント1000件」とかになったらオモシロいのになー。


アクセスの割にコメントって、案外つかないものなんだなー。


今これを読んでくれているあなた、もしよかったらコメント下さい(笑)






さて、
アクセス200万突破したことだし、たまには雑記を書いてみます。

興味無い方はスルーして下さい。






この間、定額給付金も出たことだし、うちの奥さんにも許可を得て本を三冊買いました。



10,290円+12,600円+14,700円の、
合計37,590円。 高っ!



医学書って、本当に高い。一冊一万円超えるのが普通だもんなー。



まあでも、二冊はとっても素晴らしい本で(あとの一冊はちょっと失敗だったかも…)、
僕の知識の復習にも進展にもなりました。

まだ全部読んでませんが、毎日開いてうっとりしています(図解がとってもキレイなんで!)


そんな僕の姿を見て、奥さんは横から
「良かったね~。本当に嬉しそうだね~。」
と言ってくれています。


仕事にはもちろん、このブログでも役立てることが出来そうですし、良い買い物でした。





次の記事は、もくじ通り進みますので、「潮吹き」についてです。


記事を書くにあたって、

「チマタではどんな風に書かれているのだろう?」

ってネットで調べてみました。


色々書いてありましたが、コピペしたであろう記事も多く、
深いところまで突っ込んだ解説はあまり無かったような気がしました。



そこで、せっかくなら、

Wikipediaよりも、どこよりも、
日本一詳しい潮吹き分析記事を書くことにしました。



実は、検索で上位に食い込まないだけで、すでに書かれているのかもしれませんが、

僕の医学知識を基に、
買った医学書もさっそく参考にし、「潮吹きって何なのか?」を徹底的に分析してみます。


ちなみに、
決して、他のサイトからのコピペではないことを誓います。


とはいえ、「潮吹き」のさせ方に関しては、
コピペしたかのように、他のサイトと大して変わりはないです。
(しないですけどね)


なので、
「メカニズムとか、生理学的なことは、別にどーでもいい」
という方には、ちょっとつまらない記事になるかも。

「早く次の項目に進め!」
と思われるかも知れませんが、
こういう分析こそ、僕が一番好きな分野なので、読んで雑学ネタにでもしてくれたら幸いです。



寒い時や、緊張した時、どうしておしっこが近くなるの?とかも分かりますから。

別に知りたくないか。



では、これからもよろしくお願い致します。



おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
『夫婦生活 投稿告白』
世の中には、面白くてステキな夫婦がいっぱいですね。
泣けます。

ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2

トップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。