FC2ブログ
あなたは彼氏、彼女とのセックスに満足していますか? 大好きなあの人と、いつまでも仲良く暮らしていくための「飽きないセックス」を極めましょう!

2008/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手だけでイカせる「クリイキ」~体位について~
手だけでイカせる「クリイキ」~膣内刺激法~のつづきです。


では基本的な「揉み方」を説明していきます。



膣内に中指を(場合によっては薬指も)入れ、膣内壁の前面に当てます。
人差し指と小指は膣外部からアナル周辺に当て、
指の付け根~手のひらにクリトリスが当たるようにし、
そして手首の付け根を恥骨部にあてがうことで、陰部全体を包みます

膣、クリトリス、アナルなどの陰部周辺は、骨盤内臓神経で繋がっているので、
それらを同時に刺激した方がより骨盤内臓神経を興奮させ、愛撫の効果が高まるんです。


この状態で、手首から指先までを波打つように動かしていきます。


基本は優しく。

様子を見ながら強くして。

愛撫
1~4の流れ、中指の動きと手首の動きに注目して下さい。


イメージとしては、フラダンスの手の動きのように波打たせつつ、
手のひら、中指、人差し指と小指全部使ってマッサージする感じです。


これは、一見すると指を出し入れし、こすっているようにも見えますが、
中指が当たっている位置(赤い部分)は変わっていないのです。

膣内壁に中指を密着させたまま、
手首のあたり(青色部)の恥骨部を基点にして揉むんです。



たまにアクセントとして、(すぐにイカせないための焦らしとして)
わざと膣内壁をこするように指を出し入れしたりもしますが、基本的には「揉むこと」に徹します。


イカせる時は必ず揉んでいます。


僕はこの波打つように優しくなめらかに揉むのが得意なので、
僕が手でおマ○コを愛撫すると、「何これ!?すごい!」とびっくりしながら喘ぎ声を出してくれる女性が何人もいました。


それからこの愛撫は、膣内に指を入れつつも、手のひらでクリトリスを刺激してオーガズムへ導くものです。
『手でイカせる膣イキ』も後々載せますが、そこではクリトリスに触れずにイカせるんです。

この『手でイカせるクリイキ』に関しては、もちろんクリトリス刺激が重要ということです。

とはいえ、手全体で陰部を包み、波打つように動かすだけで上手い具合に刺激されるので、
特別、クリトリスに対しテクニックを駆使するわけではありません。
(図で見てもわかると思いますが、このようにマッサージすれば、自然にクリトリスに当たる)

注意することと言えば、クリトリスに当たる手のひらの部分も、しっかり愛液やローションでぬるぬるにしておくことです。


先ほど「膣内壁は鈍感だから、少し強くする」と書きましたが、
手のひらがぐちょぐちょになっていないと、クリトリスには刺激が強すぎて痛みを与えてしまうんです。


膣でもクリトリスでもアナルでも、
「手をぐちょぐちょのぬるぬるにしてから触る」

何度も言いますがこれは絶対守って下さい。


また、強いクリトリス刺激を欲する女性には、男性の右足を女性の右足の上からかぶせ、
男性の右膝のちょっと上あたりを右手の甲に押し当て、圧迫を強めるといいです。

手だけで圧迫を強めてするのは、ちょっと疲れてしまうので、足を上手く使いましょう。
(体位については、手だけでイカせる「クリイキ」~体位について~を見て下さい)



そして手を動かすペースは一秒に1~3回くらいです。

一秒に1回のゆっくりペースだとイカせるのは難しいですが、速いペースで一気にイカせちゃうよりも、
ゆっくりなペースでじわじわイカせる方が快感が長く続き、身悶えさせることができるんです。


僕がよくやるテクニックとしては、
一秒に2回くらいのペースでして、イキそうになったら女性のチクビを舐め、左手でつまみます。

そうすると同時刺激により、急激に快感が走り、「もうイッちゃう~!」となります。

そこであえて、一秒に1回のゆったりペースにし、
イキそうでイケないギリギリの愛撫を続け、「まだイッちゃダメ」なんて言って我慢させながら、じわじわイカせちゃうという感じです。


普通にイカせるよりも、快感が長続きし、
「ぅあぁ~~あぁ~~~!んあぁ~~!」なんて、長い喘ぎ声を聞くことができます(笑)

『ゆっくりじわじわイカせ術』、ぜひマスターして下さい。



それから、膣内の愛撫は、女性にある程度のエッチ経験がないと「気持ちいい」と感じることはできません。

エッチもオナニーもしてない女性は、全く気持ち良くないでしょう。
(まれに初めてでも気持ちいい人もいますけど)

中には指一本入れるだけでも痛くて、じかにクリトリスを愛撫されるのすらイヤって女性もいます。



女性の年齢別(経験別)愛撫テクニックも後々載せていきますので、詳しくはそっちで書きますが、

今回、図で示したようなテクニックは、ある程度経験のある女性に対してのものです。

女性が痛がるのに無理矢理するなんてことはしないで下さいね。



あと、両手や口も使った複合テクニックや応用テクニックも、後々載せていきます。



次の記事へ→手だけでイカせる潮吹き~潮吹きのメカニズム~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
手だけでイカせる「クリイキ」~体位について~のつづきです。


具体的な手のテクニックを説明する前に、膣内壁の構造についておさらいします。


Gスポットは存在しないで説明しましたが、膣内壁の感覚受容器は圧覚の受容器です。


クリトリスは触覚の受容器が豊富なため、「こする」という刺激にも敏感ですが、膣内壁はそうではありません。


つまり、膣に指を出し入れするような「こする」愛撫では、全然ダメってことです。



エロビデオだけでエッチを研究した男性は、
男優が手でするときに出し入れしていると勘違いをし、
「チ○コは出し入れするんだから、手でする時も同じように出し入れするんじゃないの?」と思ってる人が多いです。
でもそれは大きな大きな間違いなんです。
(そういう僕も、初めは出し入れしてました…)


結論から言いますと、
膣内の愛撫は「揉む」です。


圧覚の感覚受容器を刺激するように、グッグッと圧迫するように揉むんです。


膣内壁は、クリトリスに比べればかなり鈍感なので、今までの愛撫に比べたら少しだけ強くなります。

膣内壁をぐにっぐにっと動かすくらいマッサージする感じです。



それから、手でおマ○コを愛撫する前に、
もうすでに女性はかなりの興奮状態で、アソコはびしょびしょに濡れているのが前提です。

手を愛液に(濡れにくい女性にはローションを)なすりつけ、ぬるぬるのぐちょぐちょにしてから始めて下さい。

膣内に入れる指だけでなく、指を入れた時にクリトリスに当たる手のひらの辺りまでぬるぬるにするんです。


これは絶対守って下さい。


そんなに激しくするわけではありませんが、ぬるぬるの状態であれば、多少強い刺激でも「痛み」を感じさせることなく愛撫ができますから。



前置きが長くなってしまいましたね。



次回は図解つきで手の動きを説明していきます。



次の記事へ→手だけでイカせる「クリイキ」~揉み方~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
僕は大抵、
全身愛撫からクンニへと進み、膣の中には指を入れないで、最低一回はイカせます。

その後、女性の横に添い寝し、手だけで5~6回イカせたりします。(あえてイカせないことも多々ある)

基本的には、刺激は弱~強へと変えていく方がいいので「口」での愛撫から「手」での愛撫に移るようしています。
濡れにくい女性ならなおさらです。必ず舐め舐めしてから手で触るのがいいでしょう。


では、「膣内の刺激はまだしておらず、クンニだけで一回イカせた」と過程して、
その後の『手テクニック』を紹介します。


今日はまず体位について。

女性は仰向けで少し足を広げさせます。
男性は、右利きなら、女性の右側に添い寝します。

この時、もちろん右手は女性のアソコ。
左手は、腕枕するように女性の首の下に入れて頭を抱えるように撫でてもいいですし、
そのまま手を伸ばして女性の左胸(チクビ)を刺激してもいいでしょう。
また、肘を付いて、上半身を少し起こして、女性の頬に触れながらキスをするのもいいでしょう。


この辺はいろいろです。


で、口は女性の右チクビにいつでも触れられるようにしておきます。


そして、この体勢で一番のポイントは、
男性の左太ももを、女性の腰~お尻(骨盤の辺り)の下に入れるということです。

こうすると、男性の股間が女性の右腰に密着して抱きつく形になり、男性の右足を女性の右足に絡めるようにすれば、かなりの密着感が得られます。


実は、この密着度は重要なんです。
特に女性は、「セックス」を「触れ合うこと」として楽しむ人が多いです。

男性の大きく固くなった股間を押しあてるのも興奮する材料になりますし。


さらに、こうやって太ももを女性のお尻の下に入れると、
女性の腰が持ち上がり、股関節がピンと伸びて、イキやすい体勢にもなります。
(ちょっと重いですが・・・)

実際、これを教えて、
「手でイカせたことは一度も無かったが、この体勢にしてみたらイカせることができた!」と喜んでくれた人もいます。

でも逆に、反った状態だと体勢が楽じゃなく、イキにくいという女性も中にはいるでしょうから、
そういう場合には、
短時間だけアクセントとして足をお尻の下に入れる程度にしましょう。


その辺は女性の反応を見て試してください。


手のテクニック、口のテクニックなど、どの愛撫にもいえるコトですが、
体位(ポジショニング)はとっても重要です。

「相手も感じ易くて、こっちもやり易い」

そんなポジションを自分なりに探してみてください。


僕はこの「太ももを女性の腰(お尻)の下に入れる」という形が気に入っていますが、
それが上手くいかない方もいるでしょう。


そういった個人差を、柔軟に対処できるかで「上手さ」が違ってくるんだと思います。



僕は多くの患者さんと接していますが、
教科書通りの患者さんなんて、本当に少ないんです。ほとんどいません。

同じ傷病ですら微妙に違い、治癒経過も様々で、
教科書通りの治療では思うような効果を出さないことも多々あります。


同様に僕のセックステクニックも、思うような効果が出ないことがあるでしょう。

でもそこは、女性の反応をよく見て、微妙にタッチを変えたり、角度を変えたり、
試行錯誤しながら臨機応変に愛撫していって下さい。

そして分からなかったら聞く。

恥ずかしがらずに聞く。


なぜかセックスのことになると口を閉ざすカップルが多いようですが、
様々なセックス教本を読んだり、このブログを見たり(笑)するよりも、

話し合うだけで解決することが沢山あると思います。

どんな分野だってそうなんですから。


患者さんに調子を聞きながら話し合って治療を変えていく。

遊ぶ時だって、お互いが一番楽しめるように話し合って決めていくでしょう。


でもセックスのことは聞きにくいから、話し合うこともなく、
なんとな~く、お互い満足したつもりになっちゃってる。

そして、そのせいで、小さな不満が積み重なって楽しめなくなっちゃう。


そういうカップルが多いんだと思います。


メールフォームにてたくさんの質問を頂きましたが、
セックスで悩むカップルに足りないのは「柔軟さ」と「話し合い」のような気がしました。

もしあなたが悩んでいるのだとしたら、
臨機応変に対応する「柔軟さ」と、「話し合い」を意識してみてはいかがでしょうか?


それだけで改善されるかもしれませんよ☆


次の記事へ→手だけでイカせる「クリイキ」~その2~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。