FC2ブログ
あなたは彼氏、彼女とのセックスに満足していますか? 大好きなあの人と、いつまでも仲良く暮らしていくための「飽きないセックス」を極めましょう!

2007/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※過去記事のため、最新の報告からすると誤った記載があるかもしれません。過去の一説だと思ってお読み下さい。




前回、膣の筋は自分の意思で動かすことのできない不随意筋で、
オーガズムの初期に、意思に関係なく膣が締まことを説明しました。


しかし、ピストン運動を続けるいちに、膣内は一変して広がり始めます。


膣口付近は締まったままですが、膣の奥が風船のように膨らみ、子宮口が下へ降りてくるんです。

それがバルーン現象です。


図解するとこんな感じ↓

バルーン現象



普通この現象は、チンコでズンズン突いていて、女性がオーガズムに達した時に起こるもので、

それまでキュウキュウと締め付けられていた感覚が突然無くなり、
まるで空中を突いているかのような感じになることから、ロストペニスとも呼ばれています。



手だけでこのバルーン現象を起こさせると、
膣内の変化がよく分かります。
(特に女性が四つん這いの姿勢だと分かりやすい)

個人差はありますが、膣内壁はピンと張って、本当に風船のように膨らみ、
それまで触りにくかった子宮口も、比較的触りやすい位置まで降りてくるんです。


なぜこのような現象が起きるのかといいますと、
空気が入り、膣内が広がることにより、射精した精子が膣内にとどまりやすいようにし、
子宮口が降りてくることにより、精子が卵子へ到達しやすいようにするためのようです。

この状態だと妊娠しやすいので。



この現象、
膣内で一回イッただけで起こる人もいれば、
何回か膣イキをしているうちに起きる人もいます。
(イカないのに起こる女性もいます)
(空気を膣内に全く入れないようにすると、子宮口が降りてくるだけで、膨らまないこともある)



そして、この現象が起きてからは、膣内全体が締まることはまずありません。


空気(膣ナラ)が出れば、締まることもありますが、

膣口付近は、
尿道・肛門括約筋等の作用もあり、比較的強く締まるのですが、
奥を締めることはできないのです。



これ、敏感なチンコをお持ちの男性(早漏)には、とても嬉しい現象です(僕も)


早漏の人は、
膣内全体でチンコを締め付けられると、とっても敏感な亀頭部への刺激が強く、あっという間に果ててしまうんです。


しかし、膣内が広がることで、亀頭部への刺激はかなり少なくなり、
いつもよりも長持ちすることは間違いないでしょう。


しかも!
膣内最高級の性感帯であるポルチオ(子宮口)が降りてくるので、
チンコで突くにはもってこいの状態になるんです。
(開発の進んでいない女性にいきなりポルチオ攻めしたら、苦痛にしかなりませんのでご注意下さい!
開発順序については→こちら←や、→こちら←を参考に。)

指で触れるくらいですから、短いチンコでも十分届くと思いますし。


早漏の方、
早漏を克服するのは困難な道のりです。
チンコを挿入して長持ちさせるコトに努力するよりも、
手だけでバルーン現象まで導けるようにテクニックを学ぶべきです。


その方が現実的ですし、女性の満足度も急上昇すること間違いありませんから。

手だけでも、女性をイカせることができれば自信になりますし、
その自信が早漏を克服するカギになるからです。

(遅漏の方へのアドバイスは後々・・)



男性の方々、女性はオーガズムに達していれば、このバルーン現象が起こります。


テクニックを磨いて、ぜひこのバルーン現象を体験してみて下さい♪




※ここからは補足です。
   ↓ ↓
膣内がかなり開発され、膣壁がかなり柔軟になってくると、
膣口もぴったり密着され、中に空気が入りにくくなるので、膣の膨らみは起こりにくくなります。

膨らまないからといって、イッていないということでは無いということですね。
(しかし、オーガズムに達すれば、子宮口はほぼ間違いなく降りてきます。



次の記事へ→おマンコはどうなってるの?~クリ派?膣派?~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
筋肉には、

自分の意思で動かせる随意筋(ずいいきん)と、

自分の意思では動かせない不随意筋(ふずいいきん)とがあります。



随意筋は主に身体を動かす筋肉で、
腹筋や背筋、手足の筋肉など、みなさんのイメージするような、
いわゆる筋肉です。

尿道・肛門括約筋、肛門挙筋も、自分の意思で動かせる随意筋に含まれます。


不随意筋は主に内臓筋で、
心臓の筋肉や、胃や腸、膀胱や子宮などの筋肉を言います。




では、膣の筋肉は、随意不随意どちらだと思います?




答えは不随意筋



たまに、

「膣括約筋を締めて~」なんて書いてあるのを見かけますが、

自分の意思で膣を締める筋肉なんて存在しないのです。

だいいち、膣括約筋なんて医学用語は無いですし。


「でも私は締められるよ」


という方は、尿道・肛門括約筋、肛門挙筋等による、二次的なものだと思います。


だから、

「膣を締める感覚がよく分からない」

なんて言うのは当たり前のこと。


膣を締めるのではなく、お尻の穴を締めるようにすればいいんです。
(詳しくは~締まりについて(1)~にて)




さてこの不随意筋である膣の筋。

意思には関係なく締まったり、緩んだり、広がったりするんです。


気持ちいい時、イク時、
特にイキそうな時に膣は締まります。
(肛門挙筋等の収縮もある)


クリトリスでのエクスタシーや、
膣内でのオーガズムの初期には、断続的に締まったり緩んだりを繰り返します。


この、不随意筋の膣の収縮に加え、
随意筋である肛門挙筋による膣の圧迫で、締まりはサイコーになります。


特に、「彼氏が遅漏」って方、ここがイカせるポイントです。


肛門挙筋を鍛え、彼のチンコを締めまくって下さい。




とは言え、

彼が膣でイケないからと言って「私は締まりが悪いのかなー」と悩まないで下さいね。


遅漏のほとんどは男性自身が原因ですから。



それから、
女性がイキそうになって、キュ~っと締まった膣の刺激に耐え切れず、男性が先に果ててしまうことも多々あるようで、

それに不満を感じている女性も多いです。



でも、その「不満」を少しでも彼に悟られてしまったら、
彼の早漏はどんどん悪化してしまいます。



「わたしもイカせて欲しい!」と思うのなら、

彼をより満足させるように奉仕した上で、彼にも色んなテクニックを学んでもらうようにするのがいいと思います。


人に優しくされたいのなら、まずは人に優しくすればいい。


それと同じです。


もちろん、一番頑張るべきなのは男性だと思いますけど。




あ、話がそれてしまいました。



前回は、普段から意識して肛門挙筋を鍛えることで、締まりをよくできると書きました。


実はそれプラス、オナニーで「イク」ことを経験することにより、
不随意筋の膣の筋肉も鍛えられる
んです。


不随意筋は、文字通り自分の意思では鍛えることはできませんから、
イカなきゃ鍛えられないんです。



さらに、
オナニーをして、膣内を刺激すればするほど膣内壁はほぐれ、
柔らかい、ふわふわのおマンコになることができるんです。


挿入時にふわふわと柔らかく包まれる感覚は、
チンコがとろけるように気持ちいいんです。



ふわふわで、チンコをまったりと包み込み、
それでいてキュウキュウと締め付ける。




そんなおマンコを目指してオナニーしまくってください。



次の記事へ→おマンコはどうなってるの?~バルーン現象(ロストペニス)~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
良く耳にする、おマンコの締まりに関わる筋肉と言えば、

8の字筋でしょう。


この8の字筋は、様々なセックス教本にも出てくる筋肉で、

おマンコと肛門を取り囲むように8の字になっていると解説されており、
それを鍛えることで、締まりが良くなり、名器になれるなんて書いてあったりもします。



でも、僕が解剖学を勉強した限りでは、そんな筋肉なんて出てきませんでした。



その付近にあるのは、

尿道括約筋、肛門括約筋、それらを繋ぐ筋膜や、球海綿体筋くらいです。
8の字筋



おそらく誰か(AV男優?)が、これらの筋肉を図で見て、
勝手に8の字筋とか言って、それが世に広まったとかそんな感じでしょう。



「じゃあ、その8の字に見える筋肉は締まりには関係ないの?」


というと、そうでもありません。


尿道括約筋(おしっこを止める筋肉)と肛門括約筋(お尻の穴を締める筋肉)に力を入れると、
必然的に膣を取り囲む筋膜も緊張するため、膣の入り口付近もキュッと締まるのです。


確かに締まるのですが、
締まるのは膣の入り口だけ。


これって名器と言えるんでしょうか?


挿入時に膣の入り口だけが締まってもチンコの根本が締められるだけです。


それがいいと言う人もいるかもしれませんが、僕は全然良くありません。


締まるなら、膣が全体的に締まって欲しいです。



じゃあ、どうすれば全体的に締まりが良くなるのか?



その秘密は肛門挙筋(こうもんきょきん)にあります。


この筋肉は肛門を締め、さらに持ち上げる筋肉です。


前回の女性生殖器の断面図を見ると分かりますが、
膣には傾斜角(後方に伸びている)があるため、

後方にある肛門(直腸)が持ち上がれば、必然的に膣が後方から圧迫されるかたちになります。

肛門挙筋




その圧力は膣全体に働くので、
チンコ挿入時に肛門挙筋を上手く働かせると、全体的にチンコを圧迫することができるのです。


しかも!


膣の後壁が開発されている女性なら(バックが気持ちいいと感じる女性)、

肛門挙筋で膣の後壁が圧迫される分、チンコが後壁にあたる刺激も強くなるので、女性自身の快感も強まるんです。


是非この肛門挙筋を鍛えましょう。


トレーニングはこんな感じ↓


立ってる時に、肛門を内側へ(上方へ)引き上げるように力を入れる。

この時、お尻全体にも力を入れ、
肛門だけではなく、お尻全部を内側にめり込めませるくらいのイメージでトレーニングしてください。
(ヒップアップにもいいですよ♪)


それに慣れてきたら、
足を開いた状態や、手と膝を床についた状態(バックの姿勢)でも
同じように肛門を引き上げるようにします。



これ、早い人では1~2週間もすれば締まりのいいおマンコができあがります。


おマンコのしまりを自在にあやつれるようになると、
男性がピストン運動しなくても、女性が締めたり緩めたりするだけでとっても気持ちがいいんです!


僕は挿入時、ピストンしないで抱きしめたり、キスしたりするのが大好きなのですが、
えり(うちの奥さん)はこれを体得しているので、あやうくイカされそうになったりします。


大してピストンもしないのに、
これだけでイッてしまう男性もいるでしょう。


世に言う、「締まりがいい名器」というのは、
これを無意識に体得している女性なんじゃないか?と僕は思っています。


自分の意思で、膣を締めるには、
この肛門挙筋の右にでるものは無いですから。


とは言え、
「肛門挙筋を鍛えると締まりが良くなる」というのは、今まで聞いた事がありません。

僕のオリジナル理論です。


信じる信じないはあなた自由ですが、
だまされたと思って試してみてはどうでしょう(笑)?




さて、
膣の締まりに関しては、実はもう一つあるんです。


それは長くなりそうなので、また次回に!


次の記事へ→おマンコはどうなってるの?~締りについて(2)~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
おマンコのしくみ(女性生殖器の構造)を内側から見てみましょう。


女性を真ん中から縦にスパッと切った断面図で、
生殖器に隣接した組織も一緒に見ていきます。

生殖器3



・恥骨(ちこつ)

おへその下からグッ、グッと押さえながら下に降りてくると、硬い骨に触れます。
それが恥骨です。

腹筋(腹直筋)は恥骨に繋がっています。



・膀胱(ぼうこう)

恥骨のすぐ後ろにある、オシッコがたまる所です。

斜め前下方に向かって、尿がでる道(尿道)がつづいていて、尿道口へ繋がります。

尿は一日中絶え間無く作られており、膀胱にたまっていきます。
ある程度、尿がたまって膀胱がふくらみ、膀胱壁が引き伸ばされると尿意を感じます。
(オシッコしたくなるってこと)



・子宮(しきゅう)

膀胱のすぐ後ろにある、胎児が成長する場所です。

おなかに子供がいる時にオシッコが近くなるのは、
胎児が大きくなるにつれて、子宮と隣接している膀胱が圧迫されるためです。



・膣(ちつ)

子宮と繋がっていて、膀胱、尿道のすぐ後ろに位置します。

普段、膣内は酸性で、バイキンの侵入や繁殖を防いでいます。

セックスをし、気持ちよくなってくると、
膣の内壁からアルカリ性の粘液(愛液)が分泌され、膣内は中性に傾きます。
大して愛撫をせずに膣口に舌を入れるとすっぱいですが、
よ~く愛撫したあとだとすっぱく無くなるよ。

膣の大きさ(長さ)、傾斜角も個人差があり、
膣内の表面もボコボコしていたり、ザラザラしていたり、ツルツルだったり様々です。
(ザラザラであろうが、ツルツルであろうが、気にしないで下さいね)



・直腸(ちょくちょう)

子宮、膣のすぐ後ろにあり、う○ちが通る道で、肛門につながっています。

直腸は不潔に思われがちですが、
大便後数時間たっていればケッコウ清潔です。

直腸から肛門には、排便する時に感じる知覚神経が密集しており、
一般的に、排便時には快感を感じます。

膣に指を入れ、膣の後壁をさわると、壁の向こうに何か固形物があるように感じることがありますが、
それは直腸内にある、う○ちです。

気にせず愛撫を続けましょう。


また、膣に親指を入れ、肛門に人差し指を入れてつまむようにすると、かなりはっきりと指の感覚が分かります。

それほど密接に関わっているため、
アナルセックスなどの直腸からの刺激が膣の後壁へ伝わり、
さらに排便感覚と逆流感覚が相乗刺激となり、猛烈な快感をおぼえると言います。

それと、直腸は水分の吸収率がとても良いため、
薬は口から飲むよりも、お尻から入れる(座薬)方が効き目が早いです。

水分の吸収率が高いということは、
ローションをアナル内(肛門の中)に塗っても、すぐにかわいてしまうということです。

アナルプレイをする時は、こまめにローションを付けたしましょう。




ざっとこんな感じでしょうか。


こうやって断面図で見てみると、
膀胱直腸がかなり隣接していることが分かると思います。

潮吹きや、アナルプレイでの快感などは、この周辺構造に理由があるんですねー。


次の記事へ→おマンコはどうなってるの?~締まりについて(1)~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
おマンコ愛撫に入る前に、おマンコのしくみを勉強しましょう。


僕はこう見えても医療人でして、
解剖や生理学、内科や外科等の臨床まで、医学を一通り勉強しました。
(特に解剖学は大好き)


そのため、
膣、子宮、卵巣、膀胱、尿道、肛門、直腸など、
3Dで頭の中にイメージできるようになりました。


さらに、
尿道括約筋、肛門括約筋、肛門挙筋、
膣を取り囲む筋膜や結合組織、
それらの運動神経、知覚神経、自律神経支配などを加味し、

医学的にイキやすい体位や、潮吹きしやすい姿勢、そのメカニズムも独自で研究しました。



そんなコトを研究している論文など見当たらなかったので、自分で医学的所見から考察してみたんです。



あ、僕、研究マニアです。



ではまず、おマンコの外観(下から)を見てみましょう。

生殖器1



・大陰唇(だいいんしん)

おマンコ周辺の盛り上がってる部分。

これが厚く発達していると、チンコを深く挿入した時に、チンコの根元がふっくらと包まれるような感じで、とても気持ちイイです。



・小陰唇(しょういんしん)

いわゆるヒダで、おマンコに覆いかぶさっている。

これを開くと、クリトリス、尿道口、膣口などがあらわになります。

ヒダが小さいが人もいれば、
大きくて、少し垂れ下がっている人もいます(正常ですよ)



・クリトリス

快感を感じるためだけの組織で、普段は皮(クリトリス包皮)をかぶっています。

興奮して気持ち良くなってくると、大きくなって皮がむけてきますが、
大きさも、皮のかぶりかたも個人差が大きいです。

米粒ほどの人もいれば、親指の先くらい大きい人もいますし、
気持ち良くなって大きくなっても皮をかぶったままの人もいれば、常にズルむけている人もいます。
(チンコみたいですね)



・尿道口(にょうどうこう)

尿道の出口。おしっこの出る穴です。

潮吹き」でもここから噴射します。



・膣口(ちつこう)

膣の入り口。ここにチンコを挿入します。

普段は密着して閉じている状態ですが、
興奮し、気持ち良くなってくると少し開いてきます。
(チンコを待ち構えているかのよう)



・肛門(こうもん)

お尻の穴です。




女性が興奮して感じてくると、
膣の粘膜とバルトリン(スキーン)から透明で粘り気のある愛液が分泌されますが、この愛液の量も人それぞれです。



それから、
半数以上の人は、クリトリス膣口肛門は等間隔に並んでいますが、


膣口がクリトリスに近ければ『上付き』

膣口が肛門に近ければ『下付き』


と言われ、
上付きの女性は正常位が感じやすく、
下付きの女性はバックが感じやすいようです。
生殖器2




女性器の外観については、ざっとこんな感じです。


チンコにいろいろあるように、おマンコにもいろいろあります。


「自分のが変じゃないか?」と悩む女性も多いですが、
ほとんどが気にする必要ありません!


男性の方、
彼女のおマンコが少し変わってるからって指摘しちゃだめですよ。

「クリトリス大きいね」

なんて一言でも、傷つき、悩む女性だってたくさんいるんです。



女性器について指摘するのは、
病気を察知した時(匂いとか、皮膚荒れとか、出血とか)だけにしょましょう♪



次の記事へ→おマンコはどうなってるの?~内側~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
これ、もっとはやくに投稿するべきでしたが、
タイミングを見失ってしまい今日に至りました。



三点攻めとは、

基本的には右手左手の3つで、三カ所を同時に愛撫することを言います。


キスしながら おっぱい揉んで おマンコさわる とか、
乳首なめながら 耳を触って お尻をなでる とか、


バリエーションは様々。



そして、三カ所別々の動きで愛撫するんです。

右の乳首を、舌でゆっくり回すようになめながら、
左のおっぱいを右手で揉み、
おマンコをパンツの上から高速でさするとか。


やってみると分かりますが、別々に動かすのはかなり難しいです。


これは練習あるのみです。


最低でも、口と片手の二つだけでも別々に動かせるようになって下さい。

「一カ所に集中すると、もう一方がおろそかになってしまう」

なんてことの無いよう、日々トレーニングです。



「どうしても別々に動かせない」

という方は、ふれる手をにぎるってだけでもいいです。


ちなみに、
今まで載せてきたイラストでも、三点、または二点攻めをしていたんです。

口(キス)
耳にキス 唇をなぞる 手を握る↓
口5



首、肩、背中
背中にキス 背中をなぞる 手を握る↓
首




膝を甘噛み おマンコをさわる 太ももをなぞる↓
足



足の指
指をしゃぶる おマンコプニプニ 腰に触れる↓
足の指



といった感じで。


愛撫の上手、下手は、同時攻めができるかできないかに大きく関わっています。



とは言え、

一点に意識を集中させるために、あえて他の場所を刺激しない
という愛撫もあります。
おっぱい~その2~にて、乳首への一点攻めを載せました)


三点がいいか、二点がいいか、一点集中がいいのか、
その辺のバリエーションは、女性の好みで変えていくといいでしょう。



ぜひマスターしてください。



次の記事へ→おマンコはどうなってるの?~外側~

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。