FC2ブログ
あなたは彼氏、彼女とのセックスに満足していますか? 大好きなあの人と、いつまでも仲良く暮らしていくための「飽きないセックス」を極めましょう!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、
『オーガズムってどんな感じ?~クリトリス編~』
『オーガズムってどんな感じ?~経験との関係~』
『オーガズムってどんな感じ?~感情との関係~』
『オーガズムってどんな感じ?~膣編~』
のつづき、ポルチオ、アナルオーガズムについて説明します。



膣オーガズムと、ポルチオオーガズムの違いは、

前回説明した、クリトリスオーガズムと膣オーガズムの違いと似たようなものです。


つまり、
ポルチオでは膣に比べ、さらに引き上げラインが高いためにイキにくくなりますが、安定した快感度は上昇します。

オーガズム後の快感の減少が少ないため、さらに連続オーガズムが生じやすくなります。


ポルチオで昇りつめていく時は、
その引き上げラインの高さにより、もうイク前からイッてるのと同じくらいの快感があります。

なので、それを「イキっぱなし」と思っている人も多いです。



かなり開発された複数の女性から、
こんな話を聞いたことがあります。

「初めは、ポルチオオーガズムは、イキっぱなしの状態が長く続くことかと思ってた。でも違った。さらに開発されるとイキっぱなし状態のさらに上の快感があって気を失ってしまったことがある」


この話を聞いて僕はこう考えました。


ポルチオは、クリトリスや膣前壁と比べると、とてもイキにくい部位なので、
かなり開発されないと、「イキそう」なところまで行っても「イク」までには及ばない。

でも、閾値ギリギリのラインで快感を感じているのだから、それを「イキっぱなし」だと感じるのではないか?

そして、更なる開発が進み、本当のポルチオオーガズムに達した時に初めて、「今まではイッてはいなかったんだ」と気付くのでは?


という感じではないかと。

もちろん憶測でしかありませんが。


ともかく、
ポルチオオーガズムを経験した人は、かなり高い快感を得るということは確かです。



とはいえ、膣やポルチオが開発されていないうちは別です。

快感を感じるどころか、強烈な不快感を覚え、腹痛や頭痛まで起こすことがあります。

「おっ!?ポルチオはスゴいらしい!奥までズンズン突いてみよう♪」

なんて、安易に試しては絶対にいけません。





それから、アナルオーガズムについても、同じようなものです。


アナルは生殖器ですらない部位であり、快感を感じないのは当たり前です。

なので、おのずと引き上げラインはかなり高くなり、イキにくいわけです。

しかしその分、開発されてしまえば最高の快感を得ることができるでしょう。


とはいえ、やはり無理は禁物です。


膣内がかなり開発され、膣オーガズムも難なく得られるようになって初めて、アナルセックスに挑戦してみることをおすすめします。
(基本的には、膣へのペニス挿入のセックスのみで十分です!)


また、アナルの粘膜は、膣壁より弱いです。
激しいプレイは、いくら開発されていようが、絶対におすすめしません!





とはいえ、
指を少し入れたり、小さめなグッズを入れたりして開発して、

クリトリス+膣+プチアナルの三点攻め

なんかは、前戯としてもとても気持ちのよい愛撫になりますので、アナルにペニスを挿入しないまでも、プチアナルプレイくらいでしたらおすすめします。
(アナルの開発方法は→こちら←を参考にして下さい)




さて、
クリ、膣、ポルチオ、アナルオーガズム、ざっとこんな感じですが、
女性のオーガズムは、男性と少し違うところがもう一つあるんです。

それは、オキシトシンの分泌量です。

このホルモンについては、『オーガズムってどんな感じ?~感情との関係~』でも説明しましたが、ここちよい「快」や、幸福感、ストレスの軽減、愛情にも関わるホルモンです。

女性の場合は、オーガズム後に特に分泌量が増えるようで、
オーガズム後(セックス後)のなだらかな快感、幸福感に大きく関わっているようです。

このオキシトシンは、セックスではない平常時にも、
緩やかな愛撫、抱擁、キスなどで放出されるものです(親子の抱擁などでも)

つまり、セックス行為が終わった後、
優しく抱きしめて、キスして、頭を撫でて…、といった後戯がとても重要だということです。

オーガズム時のドーパミンは「快感」を感じさせますが、
オキシトシンは快感よりも「幸福感」といった感じです。

後戯ありと無しでは、"快感"というより女性の"幸福感"が全然違ってくるわけですね。
(心当たりのある女性も多いかと思います)



これ、オーガズム関連記事、最後の重要ポイントです。



ざっと、こんな感じです。
あくまで理論的なものですので、何か事実が発見され次第、記事も訂正していくつもりです。


さて、オーガズムについて一通り説明したところで、
次回からはまた潮吹きについて説明していきます。


お楽しみに。



他の記事へ→もくじ


おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
『セックスにまつわるエトセトラ』


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
僕は以前、『Gスポットは存在しない!?』という記事を書きました。

で、先日、
「Gスポットは科学的に解明されたらしいですよ」
「なおきさんの、Gスポットは存在しないという理論は危ういのでは?」

と、メールを頂きました。

詳細をお尋ねしたら、日本での記事、海外での記事を教えて下さりました。


ご親切にありがとうございます(・∀・)


内容によっては、『Gスポットは存在しない!?』の記事を大幅修正しなきゃダメかなーって思っていたのですが、
とりあえず大丈夫そうです。



以下、
詳細と、僕の意見を書きます。



まず、発表された研究調査は、どんなものかと言いますと、

1、Gスポット部に快感を感じ、オーガズムに達することができる女性は、
 そうでない女性に比べ、Gスポット部に厚みがある。

2、Gスポット部に快感を感じ、オーガズムに達することができる女性は、
 そうでない女性に比べ、Gスポット部に幾分か多くの知覚神経が見られる。



この二点です。



そして、
Gスポットのある女性はオーガズムに達するが、
Gスポットの無い女性はオーガズムに達しない
と結論していました。



なるほどー。



でも、
この調査自体は、僕の理論を否定するものではありません。



僕には「それは当たり前」としか思えないんです。



例えば、
陸上競技100mの選手と、運動不足の人の骨密度・筋力を計測したとして、

「陸上選手は、運動不足の人に比べ、下肢(足)の筋力が強く、骨密度も高いことが判明した」
よって、
「骨密度・筋力が高い人は運動能力が高く、骨密度・筋力が低い人は運動能力が低い」

そう結論づけたとしたら、
それは、当たり前のことです。


そして、運動不足の人でも、鍛えれば骨密度も筋力もアップします。


それと同じように、
僕は、Gスポット部分を刺激し続け、開発していけば、
元々、膣内の厚みも、知覚神経も見られない女性でも、同様の変化が見られると考えています。


もし僕が研究者なら、こんな調査をしたいです。


「Gスポット部分の厚みも、知覚神経も見られない」
とされた女性を、性感開発しながら、数年間経過観察していく追跡調査。とか。


きっと、開発されるにつれ、膣内に変化が見られると思います。



Gスポットが開発されているということは、
Gスポット部をたくさん刺激しているということ。

機械的刺激がたくさん加わる場所に厚みが出るのは、生理学的にごく自然のことですし、

快感を感じる場所ですから、知覚神経が発達してくるのも当たり前です。

(痛みを与え続けると、逆に知覚神経は退行していきます。例→キックボクシング選手のスネ)



人体は、環境(外からのあらゆる刺激)に適応するべく、生理的にカラダを変化させることができるんです。



人体ってスバらしい。



僕の意見は立証されている訳ではありませんが、

「私にはGスポットが無いから、オーガズムを感じることは一生無いんだ…」

と嘆くあなた、

まだそう決めつけるには早いと思いますよ(・∀・)!




以上、僕のGスポット概念でした。

次の潮吹きの記事は、殆ど出来ていたのですが、
潮吹き連載が始まる前に、これを書いておきたくて先に投稿しちゃいました。
(この記事は『Gスポットは存在しない!?』に、追記として載せました)



潮吹き記事の第一弾は、今度の日曜日に投稿する予定です。


長らくお待たせしました。


「潮吹きの記事」というより「生理学の授業」のようになってしまいましたが、
興味のある方、マニアックな知識をお求めの方は読んでみて下さい。


では日曜日。


トップへ

おすすめサイト様
 ↓ ↓ ↓
『ヒデとユカ赤裸々夫婦性活日記』
ヒデ

ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
姿勢って結構重要なんです。


姿勢というか、力の入れかたと言いますか。



そもそも人体は、様々な神経・筋の連動性があり、
無意識のうちにうまいことカラダを使っているんです。



例えば歩く動作で
足を持ち上げようとすると、

・股関節屈曲(膝を前方へ突き出す)

・膝関節屈曲(膝を曲げる)

・足関節屈曲(つま先を上に持ち上げる)


大まかに言うと、これら三つの動作が連動しています。


無意識のうちに連動します。




ちなみに、
加齢により筋肉が衰えたり、連動性が失われてくると、
足を上げたつもりが、つま先が下がったままになり、つまづきやすくなってしまいます。

高齢者の転倒のほとんどがこれです。


よく「つまづかないように、膝をできるだけ上げて、もも上げをしましょう」なんて言う人がいますが、

大事なのは「もも上げ」以上に「つま先上げ」です。

体操をするなら、
もも上げの時に、膝と同時につま先もできるだけ上げるようにする
神経・筋の連動性も保たれて、転びにくいカラダをつくることができます。


おじいちゃん、おばあちゃんに教えてあげて下さい。




話がそれすぎですね、すみません。



では「あくび」の話に移ります。


あくびは、

まず脳のある部位(あくび中枢)から

「あくびしまーす」

と信号を発します。


その信号は神経を伝っていき、呼吸器、口と鼻の筋肉に作用し、
息を吸いながら、口と鼻を大きく広げ、あくびが出るのです。


あくび中枢呼吸器・口と鼻の筋肉が電線で繋がってる感じです。


電線で繋がってるということは、逆流もありえるのです。


どういうことかと言いますと、

口と鼻を大きく開き、息を吸うと、
その信号があくび中枢に伝わり、あくびが誘発される
のです。


これ、ほとんどの人ができると思うので(特に眠い時に)、今やってみてください。
口と鼻を大きく開けたまま、息を何回か大きく吸うの。


あくび出ました?


でないまでも、でそうな感じにはなったんじゃありません?



これが神経・筋の連動性を利用した生理現象の誘発法なのです。



ここで話をセックスに戻しますと、

脳にはイク時の信号を発する「イク中枢」があるようです。


快感が増幅されるにしたがってイク中枢が興奮し、
脳内から麻薬的な物質が分泌され、
膣や全身の筋に信号が送られるのです。


膣や子宮は収縮し、

尿道・肛門括約筋も収縮、

お尻の筋肉が収縮して股関節は伸展(足を後ろにそらせる)

太もも(特に表側)の筋肉が収縮して膝を伸ばし、

足首は伸びて、足の指はグッと曲がります。



つまり足の先まで一直線に伸びる感じです。



ということは、
不随意筋の膣や子宮は別としても、
随意筋である股関節、膝、足首、足の指、
そして尿道・肛門括約筋、肛門挙筋等を意識することで
「イク中枢」へ信号が伝わり、イク中枢は興奮しやすくなるのです。


つまりイクことを誘発できるってこと。


この力の入れ方は人によって違う事もありますが、基本的には同じです。


特に足首と足の指は、体操選手のつま先のようにピンと伸びてる方が断然イキやすいです。


でも、
手マンコやクンニの時は、足全体ををぴーんと伸ばすことができますが、
挿入している時は、なかなかそうもいきません。


それでも出来る範囲で足を伸ばすように心がけてください。


例えば、バックや騎乗位の場合、
股関節と膝関節を伸ばすのは無理ですので、
足首と足の指だけでも注意して伸ばすんです。
(つま先立ちしないで、足の甲を床に着ける)


案外それだけでイケるようになるかもしれませんよ♪



それと、
オナニーでイケるとしたら、その姿勢が一番イケる姿勢ですので、
男女ともにオナニーでイク時の姿勢を教え合いましょう。



恥ずかしい(笑)?



次の記事へ→パンツの上からおマンコ攻め

他の記事へ→もくじ


ランキング参加中です↓応援クリックお願いします↓
ランキング  らんきんぐ2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。